« 介護を考える | トップページ | 初冬の松島 »

2006年11月22日 (水)

若者に元気をもらう

もうすぐ仕事も終わるという、5時過ぎ。「カウンター見に来ました」と、事務機やさんがやってきました。

カウンターは遠隔でチェックできるはずなので、目的はあいさつだったのでしょう。新しく担当になったという、新人君がやってきました。

いかにも地元私大卒という風貌。しばらく研修をしていて、実際に仕事を始めてまだ日が浅いとのこと。

23歳かあ。かわいいなぁと思ってしまったのは、おばさんになった証拠だね。ついついいろいろ話しかけてしまいました。

外見だけでなく、人に警戒心や緊張感を与えない雰囲気と元気のよさ。会話のキャッチボールができること。なかなかよい営業マンになれるんじゃないの?だって、彼が帰った後、なんだか楽しい気分になれたから。元気をもらいました。

一方うちの若造くん。最近また心配になってきました。ちょっとヤバヤバかも。営業には向かないのかなぁ。

若造くんとも元気に会話のキャッチボールしたいんだけどなぁ。

|

« 介護を考える | トップページ | 初冬の松島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若者に元気をもらう:

« 介護を考える | トップページ | 初冬の松島 »