« 伸びしろ | トップページ | 掃除と片付け »

2017年6月 1日 (木)

支援が受けられない

支援が受けられない

おはようございます。

どんよりと曇っていて今にも雨が降り出しそうです。

もしかしたらすでにポツリと落ちてきているかも。


体が思うようにならなくなってきている母。

当然のように介護認定をしてもらおうと思ったら、
頭がしっかりしていてつかまり立ちができるので、
要支援1も難しいと言われたそうです。

一人で起き上がったり、
ましてや入浴や買い物などできるはずもないのに、
要支援にもならないとか?

ヘルパーさんを頼むつもりはないけれど、
介護用ベッドのレンタルなど、
認定されれば受けられるサービスがあるので
それを期待していたのだけど。


高齢者の孤独死が問題になっています。

でもこの状況じゃ減るはずもない。

子どもと同居なんて現代はあまりないし、
そもそも子どもがいないとか、
結婚していないとか、それはもう普通のことです。

一人暮らしの高齢者が、
自分の身の回りのことをできなくなっても
認知症じゃないという理由でサポートされないなんて、
孤独死しなさいと言われているようなものじゃないかしら。

要支援のくくりについては確か今年度から
国から自治体に移管されたような?

つまり自治体によってサービスに差があるということです。

住む場所、考えないといけない時代かもしれません。

|

« 伸びしろ | トップページ | 掃除と片付け »

コメント

動作がそれだけ制限されてしまっているのに
要支援1すら難しいんですか?
高齢者お2人での暮らしなのに…
そんなに厳しいんですね。
自治体によるサービス差も大きいと。
夫の両親に対しても難しそうだと感じました。

投稿: ポージィ | 2017年6月 1日 (木) 08:55

ポージィさん。

ねえ、信じられないでしょう?
要介護まではいかなくても要支援にはなると思っていました。
申請を出したので結果はまだですが、
申し込んだ兄がそう言われたそうです。
これ、自治体によってだいぶ違うみたいです。
自治体の財政状況によるのかもしれませんね。
一方で、全然支援など必要のない人が認定されていることもあるとか。
世の中そんなものかもしれません。

投稿: koko | 2017年6月 1日 (木) 12:45

お母さん、つかまり立ちが出きるようになったんですね。
圧迫骨折は治るのに時間が必要です。


入院してる間に、介護申請をしてて正解だそうです。介護申請をしたら、担当者が審査に見えるそうです。
認定を受けてないと、介護ベッドも借りれない我が町の実態。

介護保険はなんのために支払っているのだろうって思う

貧乏行政の辛いところでしょうね
でも、財政の貧富の差が出る行政に福祉を一任するのはあり得ません。
国民が同じレベルで福祉は受けられる国であって欲しいです。

投稿: みかりん | 2017年6月 1日 (木) 22:10

みかりんさん。

コルセットができあがってからリハビリが始まったようです。
国がお金を出したくないから自治体に移行させたんでしょう。
そうすれば当然おっしゃる通り財政状況でサービスに差が出る。
厚労省はメリットをあげていますが、
実際は利用者にとってデメリットになることのほうが多いのでは。
同じレベルで支援を受けられるっていうのが大事ですよね。

投稿: koko | 2017年6月 2日 (金) 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伸びしろ | トップページ | 掃除と片付け »