« 芽吹き | トップページ | 健診 »

2017年7月 7日 (金)

日本という国を憂う

日本という国を憂う

おはようございます。

今朝も晴れて暑くなっています。

九州地方の豪雨災害が大変なことになっています。

これからどうなるんだろう。

東日本大震災からの復興に向けて増税がされましたが、
広島の災害、熊本の震災、
そして今回の豪雨災害と、
日本は常に自然災害に見舞われるのだから、
もっと先を見越した対策を考えなければならないのに、
全くできていないのはどうしてか?

政治家は自己保身とか政党のことだけ考えているのでは?

若者政治家の台頭を許さないところもあるよね?

自分の思う通りにしたいがために伸びる芽を摘んでいまいか?

ものづくり日本とか懐古して、
一部の産業を保護するためにコツコツ努力している人たちを
ないがしろにしていまいか?

世の中は変化しているのだし、
多様性がなければ国の根幹も揺らぐ。

1つの産業が不振になったら
経済が大変なことになるようではいけないのでは?

多様性があれば不振も補い合えるのだから、
寄らば大樹の陰ではいけないのです。

そこそこ大きく丈夫な木を育てなくては。

なーんて。

日本の政治家、大丈夫か?

|

« 芽吹き | トップページ | 健診 »

コメント

細長葉っぱのアカシアが、綺麗に咲いてきましたね。
葉が細長なことと、レモンイエローの花色が夏向きで
良いですね。
 
日本の政治家→ 残念ながら大丈夫とは思えません。
長い目でのビジョンを語る人もいるのかもしれませんが、
見たことないです。

投稿: ポージィ | 2017年7月 7日 (金) 10:01

ポージィさん。

「見たことないです」
ですよねー。
おじいちゃんおじさん議員に
頑張る若者がつぶされているに違いない←断定。
本当に国や国民のことを考えているのか甚だ疑問です。

投稿: koko | 2017年7月11日 (火) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芽吹き | トップページ | 健診 »