2014年1月 5日 (日)

韓国旅行② 漢江と街

今日も片付けをちょこちょことやっていました。

どれだけ家がぐちゃぐちゃなんだか。

さて、今日も韓国旅行の続きです。

まずは漢江の写真を。

Img_5984

これは橋の上から撮った写真ですね。

左側が江南スタイルで有名な?江南地区です。

江南地区はいわゆる高級住宅地らしく、子どもの教育環境も整っているということからとても人気の高い地区とのことです。

漢江の向こうに見えるビル群。

Img_5987_2  

すごいビル。

Img_5988

次の写真は水原のアパート?マンション?群。

ここまで高層で密集しているのは日本にはないのでは?

Img_6040

あとの写真は、最後の日にロッテデパートに行ったときに撮った写真です。

道路標識。

Img_6068

市街地の町並みは日本と同じですね。

Img_6071

カタカナ表記も。

Img_6072_2


次は観光地の写真を紹介したいと思います。
さて、いつになるやら。

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

韓国旅行① カササギ

今日は年末にやりきれなかった掃除をしました。

主に台所 。

掃除って時間がかかります。

まだまだ片付けきれていないところがたくさん。

明日もこつこつとやっていきます。

さて、ここいらでそろそろ韓国旅行のことなど書いてみようと思います。

まずは鳥について。

海外旅行に行って私が一番意識するのが、植生と鳥などの動物です。

日本と気候が違う国では当然生えている木や咲いている花が違います。

しかし、韓国は距離的にも日本に近く、気候も仙台と大きく違わないので、植生についてはとても近い印象を持ちました。

そんな中、目に留まったのがカラスより一回り小さいくらいで尾の長い鳥でした。

私は見たことがない鳥です。

最初に見たのは、北朝鮮との国境に近い、「平和の鐘」と「自由の橋」のところでした。

Img_6010
普段から、雀だろうがカラスだろうが鳥には目がいってしまう私です。この鳥を見逃すはずがありません。

なんだろう?

次の日に訪れた、水原の華城にもいました。

Img_6030

韓国にあたりまえに生息している鳥なんだろうなということだけわかりました。


日本に帰ってきてからネットで調べたところ、確か「韓国 鳥」で検索したと思いますが、すぐに出てきたのが、カササギでした。

カササギ。

耳にしたことはあります。

日本にも普通に生息しているのかと思いましたが、どうも九州などの一部地域にしか生息していないようです。

どうりで見たことないはずです。

カササギは韓国の国鳥(非公認?)とのこと。

ちなみに日本の国鳥はキジだそうです。

ふむふむ。

ということで、今日は韓国で見かけた鳥、カササギについて書いてみました。

次の記事はあるのか?

もし次の記事を待っていてくださる人がいらっしゃるようなら書こうかしらん。

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

上野をぶらり

会議の後、上野で下車。

目的の、国立科学博物館へ。

0804191 お目当ては、これ。

0804192 子供の頃から好きだった、恐竜。
6年前に、幕張の恐竜博にも行った。

とても1時間くらいじゃ回りきれない。またいつか、息子と一緒に来たいなあ。

0804193 東京は花がたくさん咲いていて、やっぱりこっちより暖かいんだなと思った。九州から来た人は、「寒い~」って言ってたけど。

0804194 緑も濃かったよ。

さて、明日からまた仕事、がんばろう。

| | コメント (3)

2008年4月 5日 (土)

食べすぎ

今日は家族でここへ行って来た。

0803051 会席料理。
量が多いと聞いていたけど、本当に食べ切れなかった。

息子は朝ごはんを食べずに臨み、かなりたくさん食べた。みんな胃袋いっぱいに詰め込んだものだから、しばらく動けず、夜の8時を過ぎた今もおなかがすかない。

0803052  実はここ、敷地内に色々な動物がいる。

それらについては次回ということで。

| | コメント (2)

2006年12月14日 (木)

沖縄旅行2006 出会った人々編

061214people1

初日の夜はディナークルーズだったのですが、そこで歌ってくれたお姉さん。CDデビューもされているそうです。ごめんなさい、お名前がわかりません。061214people2

ディナークルーズに、エイサー隊を呼んでいました。「かわいい」という声があがりました。にこにこ笑顔の女の子たち。061214people3

動きがだんだん激しくなってきます。写真に撮ろうと思っても、この通り。061214people4

気分はどんどんもりあがり、最後はみんなで踊ったのでした。 

061214people5

二日目の夜。

女の子たちが三線を弾いて歌ってくれました。ここでも最後はみんなで踊りました^^。061214people6

最後は沖縄のサンタさん。

クリスマスといえば寒い冬というイメージですが、暖かくてもクリスマス。幻想的なサンタさん。コンビニの駐車場にいらっしゃいました。

次は何編にしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

沖縄旅行2006 生きもの編

今回は、沖縄で見た生きものたちを紹介いたします。

動いているのでこんな写真になりましたが、ランタナの蜜を吸う蝶。061213lives1

座喜味城跡でみかけた蝶。

061213lives2

やちむんの里にいた犬。061213lives3

やちむんの里にいたシーサー(生きものなのか?)061213lives4

中村家のシーサー。061213lives6

中村家にいたオオスズメバチ。061213lives5

オレンジ色の実か花だと思ったら、巨大なアブラムシのような虫。ゾワゾワゾワ~。061213lives7

琉球村のヤギ。061213lives8

琉球村の水牛。061213lives9

こうしてみると、沖縄まで行って何撮ってんの?という写真が多いですな。

相変わらずピントが甘くていまいちですが、何か感じられるものがあったでしょうか?

次は、えーっと、人編にしようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

沖縄旅行2006 植物編

沖縄で出合った植物たち。

ひめゆりの塔のそばのマングローブ。061211plants1

平和祈念公園で見かけた白いポンポン。061211plants2

あちこちで見かけた、かわいい草花。061211plants3

やちむんの里の睡蓮鉢に咲いていた花。061211plants4

赤いハイビスカス。061211plants5

ピンクのハイビスカス。061211plants6

赤いポンポン。061211plants7

ふわふわの綿毛をつけた草たち。061211plants8

沖縄のススキ。061211plants9

白いブーゲンビリア。061211plants10

私が旅行先で興味を持つのは、その土地の人々の生活、食物、そしてそこに育つ植物。

今回も、なじみのある植物、ない植物などなど、いろいろなものに目を奪われました。

おもしろいのは、なじみがあっても、それは観葉植物だったり鉢植えのものだったりするのが、沖縄では路地で大きく育っていること。ブーゲンビリアやハイビスカスはもとより、ランタナがあちこちで咲き乱れているのが印象的でした。

次回は沖縄で出会った生き物たちです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

備忘録2006沖縄・社員旅行の意義

すでに記憶があやしくなってきてしまっていますが、いちおう備忘録を。

1日目。

昼前、那覇空港着。レンタカーピックアップ。
昼食。なかなか豪華。
旧海軍司令部壕。外観すら写真に収める気にはなれないところ。
ひめゆりの塔。
平和祈念公園(平和資料館・平和の礎)みんな泣いてたね。
泊港よりサンセットディナークルーズ。エイサー隊。すごくよかった。
万座ビーチホテル泊

2日目(基本的に自由行動)

万座毛
座喜味城跡(世界遺産)
やちむんの里
昼食。嘉手納基地そばの道の駅で、ビッグチーズバーガーを食べる。
中村家住宅(国の重要文化財・沖縄最古の住宅)
中城城跡(世界遺産)
金武観音寺・日秀洞
御菓子御殿に立ち寄り、ホテルへ。
夕食は車で30分ほど離れた別の場所で会場貸切。
小中学生の女の子が三線をひいて歌ってくれた。
歌にあわせてみんなで踊る。大いに盛り上がる。
万座ビーチホテル泊

3日目

琉球村
首里城公園(ほかに、国際通り組、あしびなー組あり)
レンタカーショップに集合、空港へ。
空港で各自昼食。
搭乗便が修学旅行生のために遅れる。
那覇空港から羽田空港へ。
空がだんだん暗くなり、夕焼けのグラデーションが美しかった。
21時30分前、自宅着。

*** *** ***

12月ということで、沖縄もさすがに朝晩や日がかげったり風があったりすると涼しかったです。

来年はおそらく沖縄は無理で、近場になるだろうという予想。だからというわけではありませんが、かなり欲張った日程で行動してしまいました。

世界遺産の城址、今帰仁城跡だけまだ訪れていません。みんながんばって会社の業績をあげ、また沖縄に行きたいと心に誓ったのでした。

私は大きな会社に勤めたことがないので、その分社員旅行には恵まれてきました。タダで旅行にいけるのは、とても幸運なこと。そしてまた、普段顔を合わせることのない、全国に散らばっている社員同士が顔を合わせることには大きな意義があると思っています。

メールより電話。電話より直接顔を合わせること。

お互いを知り、分かり合うためのコミュニケーション。仕事をスムーズにすすめるためにも、社員旅行で顔を合わせる事はとても大切なことだとつくづく思います。

電話をとったとき、相手の顔を思い浮かべられることの素晴らしさ!

家族でも友達でも仕事でも、やはり何より大切なのはコミュニケーションですね。

さあ、来年に向け(笑)がんばろうっと。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年8月22日 (火)

ちょっぴり会津若松

夏休みに夫の実家へ帰省しました。

せっかくなので、会社の人たちに何かお土産を買いたいと思い、会津若松の町に出掛けました。

最初の目的は、味噌で有名な満田屋さん。

Mitsutaya

満田屋さんの駐車場がいっぱいで、あちこちうろうろしていたら、観光用の無料駐車場を発見。せっかくなので、七日町通りを歩いてみることにしました。

実は、街中をゆっくり歩いてみるのは初めて。いつでもいけると思っていると、いつまでも行かないという典型です。

歴史を売りにしている観光都市だけあって、趣のある建物があちこちに見られます。

Shibukawa

上の写真は、渋川問屋さん。

明治初年創業の大正ロマンムードあふれる旅館と本格郷土料理のお店だそうです。

Eki

七日町駅はかわいらしくて、中には「駅カフェ」なるものがあり、ライブコンサートが開催されていました。

Bus

「まちなか周遊バス ハイカラさん」という、レトロ調ボンネットバスが走っていました。

一日フリー乗車券は、大人が500円、小人が250円。

今回は、ちょっと歩いただけですが、次回は一日かけてゆっくり市内観光をしてみたいと思うほど、すてきなお店があちこちにありました。

みなさんも一度、いかがですか?

| | コメント (3)

2006年8月19日 (土)

小田山城跡から

夫の実家のすぐ南側にある山は、むかし小田山城があったところです。Turugajo3 興味のあるかたは写真をクリックしていただくと大きくなって読むことができます。

そこは戊辰戦争のおり、西軍が鶴ヶ城に向けて大砲を撃った場所でもあります。

Turugajo

望遠で撮影しているので近くに見えますが、直線距離でおそらく1.5キロくらいあるのでしょうか。

当時、ただの鉄のかたまりを、よくあそこまで飛ばせたものだと驚きます。Turugajo2

戊辰戦争直後の鶴ヶ城の写真を見たことがありますが、天守閣のあちこちに大きな穴があいていました。天守閣が再現されたのは、昭和40年。

元旦には敷地内にある神社にお参りし、天守閣に登ります。

白虎隊の話はご存知の方も多いと思いますが、いつの時代も戦争というものは悲しいものだと思わされます。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧