2016年5月29日 (日)

殿、利息でござる

昨日、映画を観てきました。

殿、利息でござる




地元の話ですからね。
やっぱり観ておかないとと思いまして。

良かったです。



ここしばらくブログの投稿がないのは
通勤時間に本を読むことを優先しているからです。

また、ココログの操作性がイマイチで
マックとの相性が悪く
自宅で写真をたくさん使った投稿が
非常にやりにくいということがあります。

今はPCではなくスマホアプリを使って記事を書いています。

各社競合しているので、
ニフティにも努力してほしいものです。

せっかく十年もここで書き続けているので、
書くことはやめたくないし
ココログがなくなることもあってほしくありません。

頑張って。

私は私で努力しますから。

ではでは。

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

植物男子ベランダ― season2

しつこく何度も言ってしまいますが、春は番組改編の時期でございます。

そしてそしてうれしいことに、植物男子ベランダ―Season2 が始まります!!!!

うれしい~

NHK-BSプレミアムにて木曜日午後11時15分から放送ですよhappy02

ここで何度も書いているとおり、映画でもテレビドラマでも、基本しあわせな気持ちにさせてくれるものが好きです。

観た後に心がざわざわするものは好きじゃありません。

で、このドラマは私の好みにぴったり。

コメディータッチでありながら、ちょっとしんみりするところもあり、私もがんばろうって無理にじゃなくて思えてくる。

植物が中心であるようなないような、そんなつくりなのですが、Season2はどんなふうになっているのでしょうか。

Season1で一番好きだったのは、息子が訪ねてくる回かな。

あれはよかったな~。

ということで、植物に興味がある人もない人も、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

このドラマ、ベースはいとうせいこう氏の本のようです。



ボタニカル・ライフ―植物生活 (新潮文庫)

春のわくわく感をさらに増長させてくれる植物たち。

テレビを見るだけじゃなくて我が家のベランダもワクワクスペースにしなくっちゃ。

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

みなさん、さようなら

今日は一日、雪が降ったり止んだりを繰り返しています。

現在のところ積雪はそれほどでもありませんが、これからどうなるんでしょうか。

息子は明日、模試。

しかし、模試の勉強などはやらず、将棋をやっています。

あやつはいったい・・・。

今日は映画を観てきました。

「みなさん、さようなら」

です。

おもしろかったです。

日本らしい映画だなと思いました。

くすくす笑ったり、

そういうことだったのかと納得したり、

スカッとしたり、

そして

「がんばれよ。きっと大丈夫。私も前を向いて生きて行くよ」

と思わされました。

さて、バクマン観ようっと。

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

映画

映画館で映画を観ることは、つい最近になって夫婦50割のおかげで機会が増えましたが、それでもそれほど多くありません。

金銭的な問題ばかりでないのがわかるのは、DVDをレンタルして観ることもほとんどないということから。

つまり、2~3時間というまとまった時間を確保するのが難しいというのと、自分の好みの映画でなくて時間を損したと思うのが嫌だというのが両方かな。

若いころはたとえどんな映画でも、観た分自分の栄養になると思っていましたが、人生半ばを過ぎた今、そんな悠長に時間を使っていられない。

自分にとって必要な栄養は何か、もうわかっているから。

先日のお休みに、夫が「世界の中心で愛をさけぶ」を観ていたのを一緒にみました。

セカチューは、テレビドラマ化されたものも、映画も両方すでに観ています。

良い映画ですが、私にとって必要な栄養素は、もうない。

昔の自分にはあったかもしれないけど、今の自分にはない。

そんな気がしました。

私を元気づけてくれるのは、ドラマチックな展開や事件がてんこ盛りの、栄養過多のものじゃない。

悲しいだろう?

おかしいだろう?

怖いだろう?

これでどうだ!

というようなのは、もう結構。

感動はいらない。

感動を押し付けてくるような映画は好きじゃない。

そうね、親切の押し売りじゃなく、自分の存在が誰かを勇気づけている、というのが理想なので、映画にもそういうのを求めているのかも。

映画は特に人によって好みが分かれるもの。

本だって、ベストセラー作品が自分にとって面白いとは限らない。

だから、本や映画はあまり人に勧められないかなと思っています。

今みたいと思っているのは、

「シェフ!三ツ星レストランの舞台裏へようこそ」

ジャン・レノ主演なのよね。

2月9日からフォーラム仙台で。

楽しみnote

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

最強のふたり

今日は、映画「最強のふたり」を観てきました。

おもしろかったです!

楽しくて元気になれる映画でした。

歳を取ってきたら、シリアスで重たいものはあまり観たいと思わなくなりました。

アメリカでリメイクされることがすでに決まっているようですが、私はフランス語が好きなので、今回はどうしても観ておきたかったんです。

映画館はフォーラム仙台でした。

初めて行きました。

2時半からの回に行ったのですが、満席でした。客席が少ないということもありますが。

大学生の頃はよく名画座に行ったものですが、二人で二千円だと、名画座のノリで観に行ける金額です。毎週行ったとしても月に1万円で収まるのですから。

毎週は行かないと思いますが、毎月は行きたいかも。

映画やみつき。

| | コメント (2)

2006年3月26日 (日)

グリーンマイル

先日録画に失敗した、「グリーンマイル」を借りてきて観ました。

私は映画評論家ではないので、映画の出来や内容をどうこう言うつもりはまったくありません。

でも、胸がつまる映画でした。

涙もこぼれました。

映画を観るのは、エネルギーを必要とするなぁ、なんて思ったりして。

だって、すごくドキドキしてしまうから。

基本的に、アメリカ映画は安心して観ることができると、私は思っています。

救いのない終わり方はしないから。

*** *** ***

バブルの頃だったか、バブルが崩壊した頃だったか忘れましたが、ある時期のテレビドラマは、ハッピーエンドで終わることが全くありませんでした。

どれもこれも、恋愛ドラマなのに結ばれることなく終わってしまうものばかり。

なぜ?

どうして?

最近は、ほとんどドラマをみないので、どういう結末を迎えるものが多いのかわかりません。どうなんですか?

恋愛ドラマなら、紆余曲折がありながら最後は結ばれてほしいなぁ。そういう単純なものはだめなんでしょうか?

*** *** ***

よーし、次に観る映画をピックアップしようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)